忍者ブログ

カウンターが99999に到達した際に、99999で停止するのか?00000の振り出しに戻るのかを楽しみに書き続けているだけのブログです。 特に内容に意味はありません。
09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

楽しさ

なんかね〜楽しさが伝わって来た。
詳しい話はアドロで散髪しながらね!

  • 2012年11月14日水
  • すしや
  • 編集
ファイター各種
バイク好きを通り越し、バイク屋さんの集団だったのよ。
ホンダの学校の卒業生4名プラス5(内1名は俺ネ!)

販売や修理などなど、身近でバイクに直接触れて、それを仕事にしている人たちだから、それぞれがポリシー持ってる訳。
当然それぞれのポリシーには若干の違いは有るんだろうけれど、仕事にしてるくらいだからバイク好き集団だね。

ファイター勢揃い。
そりゃテクニックや使用マシンにより、また若干の相違点は出るんだが、バイク好きってのは共通。

俺が思うファイターってのは、
闘志満々って訳では無いのね!
誰かに勝ちたくって頑張るのは、簡単だ!
勝ちたいから頑張る。

でもそれだけではファイターとは言わない・・・・俺的。
闘えば勝負が付いてしまう。

勝てば喜び、負ければ落ち込み、泣き、怒り、陰口悪口罵詈雑言。
闘う相手が自分よりも下手だったら、当然勝利する。
しかし死ぬまで勝利者でいようと思うと、小さな小さな村から出れなくなっちゃうね。

村でチャンピオンになったら、街に出てチャンピオンを目指す。
街から国内へ出る。
国内から世界へ出る。

世界チャンピオンになったら、もう負ける対戦相手は存在しないのだが、残念ながら年月って対戦相手が出てくる。
毎年毎年世界チャンピオンは誕生し、いつしか自分は過去の世界チャンピオン。

いつかどこかで必ず負ける事になる。
問題は負けてからなんだよね。

① 落ち込まない泣かない怒らない為にノートライ
② 落ち込まない泣かない怒らない為に勝ち続ける
③ 落ち込みたくない泣きたくないが負けて落ち込む怒る泣く。
④ 負けてるが落ち込まない泣かないで笑ってる。トライは続ける。。

俺が思う一番のファイターは④番さんなのよ!
身近で一番多いのは①番さん。引き篭もりタイプね。【家庭内ファイター】
世間で一番多いのは②番さん。【あわよくば世界レベルファイター】
②番さんは必ず敗者になるから、③番さんもほぼ同数。【勝てる処でファイター】
なかなか少数なのが④番さん。
こいつらは中々負けを認めない。
それどころか負けた気分も味わわず、『楽しかったです!』と凹凹にされたのに笑ってる。【傍目では勝つより負ける方が多いファイター】

昨日④番さんが1名いたの!
当然①番さんも②番さん希望の人も・・・・・
③番さんの場合、団体の中には存在しないね。
村から出ない。自分のチャンピオンって地位を守れる社会の範囲で威張ってる。
①番さんは家から出ない。
家の中で威張ってる。家庭内チャンピオン。外に出るとライバルだらけ敵だらけ・・・・怖がりさんだね。

②番さんは世界チャンピオンまで頑張る。それまでは国内チャンプだったり、県内チャンプだったり、校内チャンプだったり、、、、、、、、企業内チャンプもあれば店内チャンピオンってのもある。だからほぼこの②番さんが多い。
でもいつか負けるけどね。

④番さんのライバルは『自分』なんだよね。
落ち込んだら、泣いちゃったら負け。

昨日は俺が最高齢の56歳。
ほぼ20代の若者たち。
ちょっこしライトヘアーの方もおられたが30代だと思う。

俺は珍しく風邪っぴきで参加したんだが、泣かなかったね。
まだまだ負けてる気がしない。
楽しかった。。。あはは。

2012/11/14 19:01

ホント

久々に楽しかったですね!

早く木村くんたちと奥多摩いきたいもんです。アドロで散髪はもう少し後になりそうですね。忙しく遊ばなくちゃぁー。

  • 2012年11月16日金
  • じゅんぺ
  • 編集
Re:ホント
折角わざわざ遊びにいってるのに、『怖い』とか『出来ない』とかの状況だと怒るライダーが出てくる。
楽しんでくれれば、こちらも楽しいのだが、怒られると非常に困る。

出来ないなら出来ないで、出来る先輩たちが何とかしてくれる。。
皆で助け合えば、何とか行ける。

木村君みたいに、
『皆さんお願いします!押してください!引いてください!』
とちゃんと表現してくれて、助けられた事を喜んでくれれば、いくらでも助けるんだが・・・・喜んで・・・・

助けてもらってて逆切れされるとこまっちゃう。
ママチャリでも走れる舗装路しか走る気は無いんだろね。

そしてら助け合う行為なんて必要無いもんね。
ママチャリのママさんと一緒に走ってるんじゃ無いんだからさ!
逆切れはちょっと抵抗あるよね。

楽しまないと、もう56歳。
山走れるのも、後10年。
逆切れするママチャリライダーを連れていける余裕は俺にはもぅ無いんだよ!
2012/11/18 08:59
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら