忍者ブログ

カウンターが99999に到達した際に、99999で停止するのか?00000の振り出しに戻るのかを楽しみに書き続けているだけのブログです。 特に内容に意味はありません。
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01

映画の個性

映画は見る。でもたまに。
あ〜おもしろかったの他に、映画から得るものっていろいろあるんだね。
中村さんの映画を見るときの着眼点ってどこ?

  • 2013年01月23日水
  • すしや
  • 編集
Re:映画の個性
基本暇潰しなんだが、ホラー・オカルトは笑っちゃうから見ない。
主人公に『生き残りたい』って絶対条件が有るから成立する。
もしも自殺願望やそれに近い感覚があれば、恐怖からは逃げないよね。

お笑い映画はお笑いのポイントがズレちゃうと笑えない。
例えばイギリス人のお笑いポイントは俺には合わないんだよね。
ミスタービーンとか観てるとイラついちゃうんだよね。
お笑いだったらメキシコ系とかアメリカB級映画が笑える。
内臓吹っ飛んでむき出し死体とか・・・・

恋愛映画は恋愛だけで終始しちゃうでしょ。
ハッピーエンドの恋愛映画だったら、結婚生活のハッピースタート映画のはず。
ところが結婚生活はストーリーに入らない。
恋愛だけならば、ほぼハッピーだと思う。
問題はその後だと思う訳。
ハッピーエンド恋愛映画その後!って映画は観たいかも。。。。

ヒューマンものか?きっぱりとアクションものか?有り得る世界か?有りえない世界か?
映画だから基本有りえない世界の表現がほとんどだとは思うけれど。。。。

自分だったらどうするか?ってテーマを与えられると嬉しいかも。
Mrビーンとは距離をおくし、悪魔との対決は諦めて好きにしていただく。
イケイケのお姉さんが登場したら、、、、、、
テロリストが登場しても悪魔と同じ。

『人のセックスを笑うな』の登場人物たちは、Mrビーン系かな?
現実世界はホラー・オカルトだと思う。『好きにしてくれ!』って感じ。


2013/01/23 13:10
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら