忍者ブログ

カウンターが99999に到達した際に、99999で停止するのか?00000の振り出しに戻るのかを楽しみに書き続けているだけのブログです。 特に内容に意味はありません。
04 2017/05 1 2 3 4 5 67 8 9 10 11 12 1314 15 16 17 18 19 2021 22 23 24 25 26 2728 29 30 31 06

無題

理事会は欧州人が多いそうなのでてっきりちょっと前のスキーの様な状況なのかと思ってました。
色々と事情があったんですね

  • 2013年02月15日金
  • ニッシー
  • 編集
Re:無題
>色々と事情があったんですね

そーそー簡単な事情が色々あったのです。
『私は大丈夫!』
なんて思っていると足をすくわれるという事実例でした。

『行動は敏速に、且つ最新の注意を払う!』
ってのが高専時代の指導教官の口癖でした。
チューブに穴を空けるようでは足元は大丈夫ですか?
もぅちょっと先輩の指導を率先して聞いた方が、穴も開けずにタイヤ交換も素早く出来るでしょうね。


2013/02/16 21:29

根拠の無い自信

空気がなくても、水がなくても、塩がなくても、俺がいれば生きれると思ってました。。。
コネクションがなくても社会で生きれると思ってました。

頭おかしいですね、おれ。


STをつけたら、コネクショニスト?ネットワークにスト?井戸端会議スト?

  • 2013年02月15日金
  • じゅんぺ
  • 編集
Re:根拠の無い自信
>空気がなくても、水がなくても、塩がなくても、俺がいれば生きれると思ってました。。。

違う生命体になれば大丈夫ではないの?神様とか自縛霊とか堕天子とか?肉体を持たない生命体

>コネクションがなくても社会で生きれると思ってました。

引き篭もりオタクになればコネクション無しで生きていると思ったら大間違いですよ。
ネット社会を作っちゃう。
挙句の果てには、自殺願望者社会をつくって、リアルに自動車の中で練炭炊いて、集団練炭自殺。
生きるだけでは無く、自殺までも社会が必要な日本人。
生きるのには社会は必要不可欠でしょ。
特に秩父を走る時には、コースを引っ張ってくれる先輩が必要だし、助け合う同輩も必要だす。

>頭おかしいですね、おれ。

みんなオカシイから大丈夫。
まだマシな方かもよ。
希望が他人に解り易い。自分でも自分の希望を理解している。
自分で自分の希望を間違えて理解している人は超オカシイ人だよ。
言葉と行動が矛盾してる人っているよね。
口先だけは理屈っぽくって立派に聞こえるのに、行動を見る限り私利私欲丸見えな人。
君は言葉から私利私欲だから、非常に理解しやすくてよろしいと思う。

>STをつけたら、コネクショニスト?ネットワークにスト?井戸端会議スト?

IDOBATERの方がよくない?
アバターみたいで、ジェームズキャメロンばりだぜぃ!
俺も入れてくれ。
IDOBATER’S。
2013/02/16 21:42

無題

井戸から湧いてくるバター。。。。。。。
その感じで行くと、
井戸バター。
コネクター。
ネットワーカー。

やっぱ井戸バターズ、ダントツですね。俺も入れてください。

  • 2013年02月17日日
  • じゅんぺ
  • 編集
ブログ内イドバターズ
もう既にずぅ~っと以前からイドバターズだったんだよね。
角川書店から今年の1月に発行された『ひとりで生きるということ』って冊子があるんだが、その本でもイドバターズ推奨だった。
だがしかし、本人に向っての悪口はまだまだ良しとしても本人不在の陰口は禁止だった。
自分たちの改良・改善の為のイドバターズは良いね!

ところでリアフェンダーにカッティングシート貼ったんだが、凄い出来栄え。
重なり有り。切り込み有り。空気玉有り。
我ながらの不器用さを知った。
本人に張り替えてもらおうかな!
まぁ~練習用だから、あのままでも良しとするか?
2013/02/17 21:12

無題

本人は、ゼッケンをもビニールテープで作ろうとしてましたよ。。。。
果たして張り替えることを希望するかどうか、気になるところですね。
中村さんの出来映えのままの方が、断然良い気がします。。。。
僕の勝手な推測ですが。

  • 2013年02月18日月
  • じゅんぺ
  • 編集
Re:無題
写真アップしといた。
写真だとちょっとマシに見える。

もうナンバーとウィンカーは付いたからテールランプ付けて、車体に合わせれば完成。
サンバーに積みっぱでフェンダーを付けようかと・・・・

しかしドリルを使えないなぁ~。
2013/02/18 23:35
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら